ヴィンテージ レスポール オーバーホール

製造年代は1982~3年 あたりでしょうか。

Burny の RLG-120 。

オーバーホール前ですがオーラが 凄いです。

ボディ、ネック共にワンピース。トップコートはラッカー。

Fernandes (Burny) が'59 を再現したリバイバルギターです。

そしてもう1本はTokai の LS 100 。

こちらは1980年のお品物。

Burny の'59 リバイバル。に対し、こちらは '58 のリボーン。という謳い文句になっています。

こちらも施工前ですが、ブリスタートップの雰囲気が最高の1本です。



2本の


近しい年代の


職人が魂を込めた素晴らしいギターが


40年近くの時を経てもう一度

Reborn

Revival

しました。

当時と同じ素材とか

当時と同じデータのパーツとか

当時と同じ製法とか

そういうディテールにこだわった現代のレスポールも勿論凄いですし大好きです。


が、今回の様に時を経た証であるヴィンテージサウンドを十二分に堪能できる、ジャパンヴィンテージと言われる様なギター達も同じくらい本当に素晴らしいものだ。

と心から思いましたし、再認識致しました。


素晴らしいギターを手に取らせて頂いた機会に感謝です。

ありがとうございました。



※上記Tokai の LS についてはデジマートにて販売致します。