オーバーホールの作業紹介 その2

前回からの続きです。下記は前回の作業です。

今回はフレットすり合わせ。

まずは施工前。減りは少なめですので、通常であればフレットのすり合わせは必要ないでしょう。


フジゲンのストラトはコンパウンドラディアスの指板Rなのがとても嬉しいですね。

ヘッドに近いほど指板面はキツ目の曲線を描き、ブリッジ側になる程フラットになるので、低い弦高のままチョーキングをしても音切れ、詰まり、ビビリがないのです。

当然すり合わせもそれに準じて作業します。

すり合わせ時は、CFS(サークルフレット)である事を意識すると良いです。

演奏時にはCFSである事を感じる事はほとんどありませんが(もちろん恩恵はありますよ!)、すり合わせ、研磨時は手に伝わる感覚としてCFSである事を感じます。



と言う訳で出来ました!

ほんとはすぐに組み込んで弾いてみたいですが、しばし我慢。

次回に続きます。


以上