ピカールの性能と使いかた


今日はみんな大好き、ピカールです!!

弦交換の際、フレットをピカールで磨く方もいらっしゃると思います。

金属がピカッと光るのでピカールです。

今回はピカールを使ったbefore/after と、金属を磨く時に考慮する事をご紹介。

※ピカールの性能を伝えたい記事なので、当店ではいつもピカールを使っている。と言う訳ではありませんのでご了承くださいませ。








今回はこの若干サビて曇っているフレットにピカールでゴシゴシするとどうなっていくのか?

を3パターンに分けて検証します。












まずは1本目、一番左側のフレットを磨きます。

クロスに少量のピカールを塗布し、しっかりと力を入れてゴシゴシ。

ただクロスを往復させるのではなく、しっかりと削って磨き上げる様な感覚で施工します。

どうですか!

綺麗になりました!これがピカールの力です!!

隣のフレットと比べると一目瞭然です。



今回はなぜ3本のフレットを磨くと言ったのか?

それはピカールでただ磨くよりも、その前にしっかりと下地を作ってあげる事で